在宅医療のメリットについて

近年では高齢者が急増しているのに伴い、病院で行われる外来治療や入院治療に加え、患者の自宅で診察や治療を行う在宅医療が広く取り入れられて普及しています。
在宅医療についてもう少し詳しく説明すると、ケアの形態はどの専門家が訪問するかによって、訪問診療や訪問看護、訪問リハビリテーションなどに分かれます。
そしてどのような形であっても、事前に計画されたプランに基づいたケアが行われるという特徴があります。
患者側が在宅医療を受けるメリットを以下に説明します。
まずはじめに患者の住み慣れた自宅で気心の知れた家族のサポートを貰いながらケアを受けることができるという点が挙げられます。
特に高齢者の場合は病院でのケアを受ける際、普段とは違った環境に適応するのが難しいケースがありますが、自宅でのケアであれば普段と同じ環境で安心して療養することが可能です。
次に患者に何かあった時にはいつでも速やかに主治医に連絡が取れるという点が挙げられます。
往診を要請することができるほか、医師からのアドバイスを受けるだけということもできます。
いつでも主治医に連絡が取れるという環境があれば、患者自身も家族も安心して自宅での生活が可能となるでしょう。