在宅医療に取り組む薬剤師

以前から医師や看護師による在宅医療はあり、馴染みの深いものです。
往診などといわれ、自宅にかかりつけ医が訪問して、診察をして必要に応じて処置をしてくれるものです。
今、薬剤師も在宅医療を始めています。
薬剤師が自宅に行って何をするかというと、服薬指導と薬の整理です。
高齢になってくると、薬の数も増えてきており、なかなかきちんと服用することが出来ない人が多くいます。
そこで、薬の飲み方を説明したり、飲みやすいように服用時ごとにパッケージをしたりします。
また飲んだか飲んでないのか分からない人には、カレンダー管理をしたりしてくれます。
また、飲み残しがあったり、必要ない薬があれば、それを確認して医師と相談し、薬の適正使用を促します。
薬の服用が毎日ですと、どうしても飲み忘れは出てきます。
その時に飲み忘れた薬を整理したり、どうしたら飲み忘れないですむかを医師などと話し合って解決法を見出していきます。
このように、在宅医療の現場では薬剤師が活躍しているのです。