在宅医療についてどのように始めていくべきか

在宅医療とは、患者さんやその家族からの「住み慣れた家で療養したい」といった願いから始まりました。
在宅医療は患者さんの自宅とその医療機関までの距離が近ければ近いほど確実なものとなり、患者さん自身も安心できるといわれます。
理想としては、患者さんの自宅から自動車で約30分以内で到着出来る場所を探すと良いでしょう。
1時間程度かかる場所でも受け入れてもらえる所はありますが、体調が悪くなった時に医師がすぐに自宅への訪問が困難になる事があります。
在宅医に受け入れてもらうための相談する際にはまず、その医師の元へ足を運んで相談する事で、具体的な診療内容が伝わり、確実だと言えます。
また、相談する場合には現在の主治医に書いてもらった紹介状を持って行く方が有利だと言えるでしょう。
引き受けてもらうまで医師を探す必要があるため、退院を待たずに家族が相談に出向いて行く必要があると言えます。
退院前に用意しておくべき物などを教えてもらえる場合もあります。