高齢社会の鍵を握る在宅医療

今、日本は世界に類をみない程のスピードで高齢社会なってきています。
特に第一次ベビーブームの世代が高齢になってきていることから、そのスピードが更に加速されています。
しかし、これは以前からわかっていたことですので、国としても政策をたて取り組んでいます。
特に、高齢になると病気とは切っても切れない関係があります。
人は死ぬ前には何らかの体の不調を訴え、病を患うことになるからです。
そこで、この高齢社会の鍵を握るのが在宅医療です。
これは家で治療を受けて、高齢者を地域で見守ろうとする働きです。
高齢者が増える一方で、同じように病院が増やせる訳ではありません。
それに高齢者にしてみても、入院生活が長くなるよりは、在宅医療を取り入れて住み慣れた家で暮らしたい人も多くいます。
また住み慣れた家ではなくても、高齢者向きの施設や住宅で自分らしい生活をしながら、最後の時を迎えることもできます。
高齢者のため、国のため在宅医療は大切な鍵を握っています。

避けては通れない歯科通院
スムーズにしていただくために努力を惜しみません

評判のいい耳鼻科

マウスピース矯正なら

最新投稿